給料が低いけど転職しようとしない旦那を動かすコツ

000028
旦那の給料が低いことに不満があっても「転職してよ」とまでは中々言い出せませんね。

こういうことって言い出したら「やりくりがお前の仕事だろ」とか「働いていない奴が偉そうに言うな」など、ケンカになるってこともありますので、話の切り出し方やタイミングっていうのは、かなり重要です。

そこで、男のプライドを傷つけず、上手に転職するようにもっていくためのコツや方法について紹介させていただきます。
スポンサーリンク

給料が低い旦那をどうやって転職活動させるか? 

旦那を上手く扱うにはコツがあると思います。

それぞれ旦那の性格もあるとは思いますが、パターンに分けてどのように転職のアプローチをすれば効果的なのか紹介します。

 

「わたしも頑張って働いているけど、生活きついよ」

この言い方のポイントは自分もできる限りのことはしてるけど、それでも足りないんだということをアピールしています。男性は家族を守っていかなきゃと心のどこかでは必ず思いながら働いているので、生活が苦しいというのをアピールして、「転職しなよ、わたしも頑張るから」と促すのがちょっとしたコツです。

 

「あなたがそんな会社でくすぶっているなんて勿体ない」

男性はプライドの塊なので給料が低いというのを直接言ってもケンカになるパターンが多いです。だから、「あなたはもっとできる人なのにそんな会社にいたら勿体ないよ、転職すれば?」というのを上手く伝えて転職に導くのです。

 

「そんな給料低いとこはさっさと辞めろよ」

これが効果があるのはいわゆる草食系男子ですね。給料が低いことは分かっていて、現状に不満を抱えてはいるけど行動はしないというタイプです。こういった男性は最近増えていると思います。だからきっかけを与えてあげること。こういう旦那にはある程度奥さんが決めてあげることが必要だと思います。

給料が低い職業とは

086371でも、転職すると決めてもどんな仕事や業種が給料が高いって分からないことも多いでしょう。

だから、まずは低賃金だと一般的に言われる業種を避けることです。

どんな職業が給料が低いのかと言うと、介護・単純作業の仕事・警備・専門的ではない職業などになります。

基本的には人件費が高い、誰でもできる、利益率が低いという仕事が給料が安い傾向にあります。

反対に給料が高い職業となると、医療・不動産・ITなどになります。

医療やITは少し専門的かもしれませんが、不動産なら未経験者でも働き口がありそうです。

辞める前に仕事を決めておくこと

絶対に注意しておいてほしいことは、転職先は退職する前に決めておくことです。

クソ野郎な旦那だと「今日仕事辞めてきた」 なんて言い出す人もいるので、仕事決めてから辞めさせるように気を付けてください。

わたしの友人の夫がこのように辞めてきたんですが、辞めたはいいけど仕事が半年近く決まらなくて親から借金したって嘆いていたんで、転職してもらう時はこれだけは気を付けてほしいですね。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket