旦那の給料20万。お小遣いの平均は

089499
旦那さんの給料は月に20万くらい。

毎月の家賃や光熱費、食費などにあてると生活も楽ではありません。

旦那の給料がこのぐらいの場合、いくらお小遣いをあげるのが妥当なのでしょうか?

 

近所の主婦友達に聞いてみると、年収までは分かりませんが、3万、5万、全て旦那が管理など、けっこうみんなあげている印象です。

もちろん、収入によりあげれる金額も変わるので、一概にいくらというのは難しいかもしれませんが、どのくらいあげるのが理想的なのでしょうか?
スポンサーリンク

お小遣いの相場(平均)はいくら?

1万、2万、3万、5万など、各家庭により渡している金額も異なりますが、一般的なサラリーマン(既婚)のお小遣いの相場は給料(手取り)の1割が妥当だと言われています。

やはり、それくらいにしておかないと将来的に家計は破たんします。

 

子どもがまだ小さいうちはそれほどお金もかかることはありませんが、中学、高校、大学となるにつれて、かかってくるお金は格段に上がります。

特に大学にいった場合はどこか遠いところに行く可能性もあるので、しっかりと毎月のお金から貯金しておくことが大切です。

給料20万のお小遣いは

手取り1割が相場だと考えると2万が妥当でしょう。

2万だと「朝コーヒー買って、ちょっと飲みに行くだけでもう無くなる!」と、怒ってくる人もいると思いますが、実際それくらいでないと生活も厳しいと思います。

 

ただ、将来への貯金なども必要ではありますが、大切なのは今です。

現状に不満が大きくなれば、それは夫婦としても成り立たなくなるので、飴と鞭を上手に使い分けてお小遣いを渡すことがポイントかなと思います。

 

やっぱり男だし、仕事での立場もあると思うので、お小遣いが無いせいで毎回飲みに行くのを断らなければいけないとか、部下と食事に行ったのに毎回割り勘ではちょっと可哀想です。

そうならないようにも、なるべく普段から節約して生活し、へそくりを貯めておくのが、奥さんの務めじゃないでしょうか。
スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket