妊娠中。生活のことを考えるといつまで働く?

013453
本来なら妊娠したら子供がある程度大きくなるまで、仕事は辞めて家庭に入りたいというのが女性の理想でしょうが、旦那の給料が少なくてそんなに余裕がないという家庭が多いと思います。

子供が産まれたら色々と出費がかさんでしまうのでなるべく仕事は続けた方がいいとは思っていても、お腹の子どもが心配だという人は物凄く多いと思います。

 

特に初産や流産の経験がある方だと仕事をすることでお腹の子が流れたらどうしようと不安になる方も多いと思います。

じゃあ、妊娠中は生活のことを考えるといつまで仕事を続けるのがいいのかと言うと、基本的には出産寸前まで続けても問題はありません。

 

もちろん、その仕事が土方のように特別体を動かすなら辞めた方がいいですが、そこまで体に負担をかけない仕事なら続けても問題はありません。

よく勘違いされているのが妊娠中は絶対安静にしなければいけないと勘違いされている方が非常に多いです。

スポンサーリンク

だから妊娠が発覚して3ヶ月ほどしたら仕事を辞めて、家から出ずにゴロゴロ過ごしている妊婦もよくます。

そういった人たちはどのようになっているかと言うと、単に筋力が低下し子供の栄養のためと、ブクブク太っているだけです。

 

筋力が低下すると出産のための筋肉も落ちるので、自然分娩できず、帝王切開での出産になってしまうのです。

これが帝王切開が増えている理由の1つでもあります。

 

だから家でゴロゴロするくらいなら、仕事をして体を動かし、筋力を低下させず、近い未来のためにお金を貯めておくことが大切です。

特に出産後1ヵ月~3ヶ月はママは子供の世話でいっぱいなので、子育て以外は精神的に出来ないと思います。

 

そうなると出産直後はもちろん働くことは不可能なので、旦那さんの給料と、それまでの貯金だけで生活しなければなりません。

そのためにも旦那の給料だけで不安だと思うなら、なるべく長く働いてお金を貯めておくことが大切なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket