家計費を下げたいならまずは生命保険の見直し

017040
家計費の中で高いものとして挙げられるのが保険です。

保険は家の次に高い買い物と言われているくらいなので保険料が家計を圧迫している家庭も多いですね。

保険は主にがん等の病気や死亡リスクに備える生命保険や車での事故や家の火災に備える損害保険の2つです。

その中でも特に見直した方がいいのが生命保険になります。

固定費を減らしたいならまずは生命保険を見直すべきでしょう。

保険料を高く払っている人だと、夫婦2人で3万~5万も払っている人もいるので、それが原因で生活を圧迫している人というのもいます。

中でもそのような方に特に加入者が多いのが、いわゆる漢字生保と呼ばれる古くからある漢字の生命保険会社。

 

これらの会社の商品に加入している方は比較的高い料金を支払っている傾向にあります。

それは何故か?「ゴールデンタイムに流れる多数のCM広告」「都心部に建てられた大型のビル」「保険外交員さんのお給料」など、かなりの経費をかけて運営しています。

ですから高くなるのは当たり前なのです。

 

だから決してCM広告しているから大丈夫、みんなが加入しているから安心だという訳ではないんです。

最近ではこういったことも段々と認知されてきて、かなり解約されてはいるのですが、まだまだ漢字生保のシェアはかなり大きいのが現実です。

 

だったら「いっその事保険はすべて解約して貯金に回した方がいいのか?」という意見もありますが、お金にかなり余裕がある方ならそうしても構いませんが、お金がない方ほど保険には加入するべきだとわたしは思います。

 

もしも夫、妻(専業主婦)、子の3人家族で、貯金がほとんどない状態で夫ががんになったらどうしますか?

治療にはもちろん多大なお金がかかりますし、入院、抗がん剤治療などがかかること、それに付け加え生活費など、無保険だったらと考えるとそちらの方がリスクが高いのです。

 

だからお金がなくて厳しいとは言ってもしっかり保険は加入しておくべきでしょう。

スポンサーリンク

必要な保障とは

じゃあ、旦那の給料だけでやりくりするためにもかけておきたい保障は何かというと

 

● 医療保険(入院リスク)

● がん保険(治療費、生活費)

● 死亡保障(稼ぎ頭の死亡リスク) 

 

この3つになります。

 

積み立て?掛け捨て?どちらがいいの?

084162掛け捨てと積み立てと聞くと積み立ての方が損しない保険のような感じもしますが、そうではありません。

保障は必ず掛け捨てで加入するべきです。

 

よく、「貯金だからと」積立保険に加入されている方もいますが、解約したら元本割れするような商品が本当に貯金だと言えるのでしょうか?

それに積立保険には掛け捨てと同じ保障にプラスしてお金を積み立てていくので、その分を貯金に回した方がよっぽど賢明です。

 

積立というのは25年などの長期に渡りかけるので、 途中解約して元本割れするリスクもありますし、それに保険会社が潰れるリスクもあります。

一昔前に保険会社がバタバタ潰れましたが、何故倒産したのかというと全て運用失敗によるものです。

 

もしも積立保険を加入していた保険会社が潰れたら・・と考えると恐ろしいですよね。

だから保障は掛け捨てタイプのシンプルなものを選ぶことをおすすめします。

 

家計費の節約で 重要なのは間違いなく保険です。

「加入している保険が高いと思ってる」

「結婚してからそのまま」

「今より保障も掛け金も良くなるのか知りたい」

というならまずは無料相談してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket