旦那の給料だけで生活できないなら

097445
旦那さんの給料だけで生活できていますか?

一昔前だと専業主婦が当たり前で、結婚したら女性は家庭に入るというのが当たり前でしたが、今は共働きの世帯がかなり増えています。

これには理由が色々ありますが、やはり旦那さんの給料が安いからという理由がほとんどです。

「少し生活がきつくても働かずに家にいる」方がいいのか?それとも「女性も働いて少しでも家計の足しにする」のはどちらが良いのでしょう。

 

これは、今は子供が小さいから外で働くことが出来ないから働いていないという選択をしている人もいますが、実は旦那には言えないけど本当は働きたくないから仕事していないという人もけっこういます。

 

専業主婦でも家計が何とかなって息抜きに使えるお金もあり、将来のために貯金もできているというなら問題ありませんが、節約し過ぎの貧乏生活をしているならすぐに働きに出た方がいいですね。

 

当サイトは旦那さんの給料だけで生活するのが厳しい人のために奥さんも働いてお金を稼ぐことを推奨しているサイトになります。

アベノミクスで経済は良くなっていると報道されていますが、実際に賃金が上がったという人は少ないのです。

 

そのような方のために、女性が働いてお金を稼げるよう「子供がいる家庭」、「子供がいない家庭」それぞれに合った働き方を提案しています。

より良い夫婦関係、家族を築いていくためにも参考にしていただけたら幸いです。

 

 

みんなの家計事情|平均年収の推移や年代別

088607旦那の給料安いと言う前に平均年収ってご存知でしょうか?

平均年収と言うのはその名のごとく働いている方の平均の年収で、国税庁の調査によると平成24年度の平均年収は408万円になります。

ここ数年では落ち着いてきていますが、平均年収は下降気味ではあります。

 

408万円と言うと、手取りで20万円台後半になりますが、旦那さんの給料と比較してみてどうでしょうか?

うちと同じぐらいだと思う人もいれば、逆に平均より100万円以上も低いという家庭もあるでしょう。

 

わたしがまわりの方から聞いている話だと年収300万円以下の世帯が特に多いように感じています。

実はこの408万円というのは年齢性別関係ないので、若い世代では300万円に満たない人がかなり多いのが現実です。

 

全体の割合としては年収300万に満たない人は4割近くになるというデータも出ています。

中には旦那の手取りが15万円程しかないという人もいるので、そうなるとかなり家計をやりくりするのは大変です。

 

 

旦那の給料だけで生活するのが苦しいなら

089498「旦那にもっと稼いできてほしい」、「高い給料を貰える会社に転職してほしい」と思うこともあるでしょうが、サポートするという意味でも家計を握るあなたが働いて稼ぐことが重要になります。

夫婦として資産を築いていくための方法は2つしかなく

 

1. 収入を上げる

2. 支出を抑える

 

というこの2つしか方法はありません。

 

ですから、固定費を減らす(例えば加入している保険を見直して支出を減らす)といったことはとても大切なんですが、旦那さんのお小遣いを減らしたり、夜ご飯のおかずを1品減らすなどといった節約方法では限界がきます。

 

だから稼ぐことが非常に大切で、旦那さんの収入アップが見込めないなら、あなたが働くことが家計をやりくりするのにとても重要になります。

例えばあなたに月8万円程の収入があったらどうでしょうか?

そうすればかなり家計も楽になりますし、将来のために貯金ができる家庭も出てくるんじゃないでしょうか?

 

ですから、もう専業主婦は諦めて働きましょう、共働き世帯が多い現代ではその方が時代にも合っていると思います。

ですが、実際に働くとなると子供がいない世帯にはあまり関係ありませんが、小さい子供がいる家庭では働きたくても外に働きに出られないという人も少なくありません。

 

094934そういった場合にどのようにするのが良いのかというと、1つは「保育園に預けて働く」ことです。

ですが、この場合は保育園のお迎えの時間に必ず間に合うようにしなければいけませんし、家に帰ったらご飯も作らなくてはいけませんので楽ではないでしょう。

 

共働きと言えども女性が家事をやることが大半でしょうし、時間が遅くなるような仕事では少し厳しいですが、正社員や派遣社員としてガッツリ働いて、しっかり収入を得たいならこの方法が1番でしょう、どんなに少なくとも12万~20万程度は収入が見込めます。

 

071447もう1つは「自宅で子供を見ながら働く」ということです。

子供が小さく保育園に預けるお金が高い、子供が小さいうちは自分で育てたいし、家のことはしっかりやっておきたいという方は在宅でできる仕事を探すべきです。

 

特に保育料が高い3歳未満の子供さんがいる場合は、パートやアルバイトで外に出て働こうとすると、月に8万円パートで稼いだとしても、保育料で半分近く取られるケースも出てきます。

保育料は3歳を境に料金がガクッと下がるので、3歳未満の子供がいる人は在宅ワークでできる仕事を探し、3歳以上の場合は保育園に預けて働くことが望ましいでしょう。

 

● シュフティ


データ入力や、文章作成などのお仕事が多いのはシュフティ。利用者も多く安心してお仕事に取り組むことができます。

>>シュフティ無料登録はこちらから

● 今すぐ仕事に結びつく資格&技能【がくぶん】資料請求 

在宅ワークに最適な技能の詳しい案内資料を【無料】で請求できます。デコ電、模型作り、スイーツデコ製作と色々なものがあります。詳しくは資料請求から。

>>在宅ワーク技能を習得!資料請求はこちらから

 

専業主婦の方で働こうと考えてる方へ

若い世代では年収300万円に満たない家庭も多く、給料も右肩上がりに伸びにくくなっている現在では、共働きで働いた方が少しでも家計の足しになるからと働く女性は多いです。

もしあなたが今はまだ旦那さんの給料でなんとかやれていても、将来的な人生設計を考えると、少しでも働けるうちに働いて収入を得ることが大切です。

 

子どもが小さいうちはたいしてお金もかかりませんが、中学生、高校生、大学生になるにつれお金がとてもかかるようになるので、将来のためにも貯金できるお金をしっかり用意しておくことが今後のためにも必要なんじゃないでしょうか。

 

専業主婦の生活に慣れてしまっていると、「働きながら家事もするのか」と思うと大変なので、ギリギリの生活でもいいから何とかやりくりして過ごそうと考えたりもする人もいますが、働いて少しでも収入があれば、たまには家族で外食や旅行に行くこともできますし、将来のため、子どものために貯金することもできますし、お金がないと切羽詰まって節約するよりも、心にゆとりも持てるので夫婦関係も上手くいきます。

 

旦那さんを支えつつ、しっかり家計を守っていくのはあなたしかいません。

まずはできる仕事から始めてみませんか?